年配でも取得可能な、MOSという資格とはどんな資格?

MOSとは?

MOSとは?

MOSとは、マイクロソフトオフィススペシャリストの略称で、その名の通り総合ソフト「オフィス」を自由に使いこなす能力を数値化した資格です。

どの職場でも、たとえ事務職でなくてもワードやエクセルなどオフィスを使うことは求められますので、転職や就職を考えている場合は取得しておいて損のない資格と言えるでしょう。

試験はパソコンを使った実技ですので、ただの「試験の点取りテクニック」ではなく実務に役立つ操作能力が試験対策をするなかで身につくのもうれしい点です。

海外志向のある方にとっても、MOSは世界的に通用する資格ですので(言語がきちんとできれば)海外での就職の際にも資格欄に書いて認められる、数少ないものの一つです。

MOSはどんな人におすすめ?

MOSはどんな人におすすめ?

就職をする場合には、ある程度パソコンのスキルを身に着けることは大切です。データを管理する、まとめるなどさまざまな用途において使用する機会があるためある程度のスキルを身につけておきましょう。

MOSの資格を取得しておけばOfficeのソフトに関してのスキルを身につけている証明になり、就職時にも履歴書に記入できる資格です。

事務処理系の仕事に就きたい場合やさまざまな仕事においてエクセルやワード、パワーポイントなど利用する機会がある場合に、スキルとして身につけておくと役立つことになるでしょう。

パソコンのスキルとして、事務処理系の能力をつけるためにもおすすめの資格といえるため、就職時、もしくは就職後でも機会があれば資格取得を目指してみるといいでしょう。

MOSの試験について

MOSの試験について

MOSとは、マイクロソフトオフィススペシャリストの略称で、Microsoft Officeのいかに取り扱えるか、そのレベルを証明する資格です。

Microsoft Officeはあらゆる分野の現場で広く普及しているため、このスキルがあれば仕事をかなり効率的に進めることができます。

では、MOSとはどのような試験によって取得できるのでしょうか。試験科目には、Word・Excel・Powerpoint・Access・Outlookがあります。

WordとExcelは触うレベルであるスペシャリストと上級レベルのエキスパートレベルに分かれています。

一見難しい試験のように思えますが、どのしけんもそこまで難易度は高くないといわれているため、取得しやすい資格として現在まで何百万人もの人が受験しています。

初心者でも手軽にチャレンジできるMOS。ぜひ、興味がある方は一度受験してみてください。