年配でも取得可能な社会保険労務士という資格とは?

社会保険労務士とは?

社会保険労務士とは?

主に年金制度や社会保険制度といった社会保障関係の届出や対応について、そのプロフェッショナルとされています。

個人の人が社会保険労務士に依頼をして対応を求める場合もあれば、企業等からその従業員等に対して社会保険の適用を行う上で代理申請を依頼するケースもあります。

この資格は前提条件があるため、誰でもすぐに受験が出来るわけではありません。取得についても比較的その難易度が高いとされ、取得までに時間がかかるケースもしばしばあるとされています。

実務経験がある他に行政書士資格の取得者なども受験資格を満たすとされていますが、これらの証明書類を添えて受験を申し込みます。試験会場は各地で開催されていますが、年に一回しか受験出来ません。

社会保険労務士はどんな人におすすめ?

社会保険労務士はどんな人におすすめ?

社会保険労務士は、企業における経営資源のうち、特に人材に関する様々な業務を専門とするスペシャリストです。具体的には社会保険や労働関係、年金に関することなど幅広く対応します。

人材は企業が存続、成長していくための軸であり、そんな様々な企業の人材をサポートする仕事をしたい人におすすめです。

社会保険労務士になるためには、非常に難関な試験を突破するだけでなく、職務を通じてあらゆる知識や経験、スキルなどを積んでいかなければなりません。

そのため、常に新しいことにチャレンジするのが好きな人や、あるいは社会保険や労働関係などのスペシャリストとして独立したいと考えている人などにとってもおすすめです。今後も需要は高まることが予想されているため、勉強しておいて損はない分野といえるでしょう。

社会保険労務士の試験について

社会保険労務士の試験について

現在、様々な資格がありますが、社会保険労務士は使える資格の一つとなっています。取得できれば開業をして実務ができるので、取得する価値は大いにあります。

社会保険労務氏の試験の難易度は高いので、しっかり対策を講じないといけません。合格科目は翌年の試験で免除される資格が中にはありますが、社会保険労務士の場合は一度の試験で全ての科目に合格しないといけません。

幅広い範囲から出題されるため、独学だけでは厳しいと言わざるを得ません。社会保険労務士を取得したいと本気で考えているのであれば、スクールや通信講座などを活用して、効率よく対策を講じる必要があります。

多少費用はかかってしまいますが、合格するためなので仕方ないです。