年配でも取得可能な福祉住環境コーディネーターという資格とは?

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターとはとくに高齢者や障がい者の方々が安心して暮らすことのできる住まいを提供するアドアイザーです。

とくに近年では人口のおよそ4人に1人が65歳以上という高齢者社会のなかにおいて住宅のプロフェッショナルとしてますますニーズが高まっている資格といえます。

福祉住環境コーディネーターの活躍することのできる場は住宅関連以外にも医療・福祉関連や公共施設など幅広いため資格取得していれば仕事をするうえで活躍の場が拡がっていくことになります。

もちろん福祉住環境コーディネーターは仕事として生かす以外にも日常生活を安全安心に暮らしていくために家庭内でも役立つことのできる資格でもあるため主婦の方にも人気を集めています。

福祉住環境コーディネーターはどんな人におすすめ?

福祉住環境コーディネーターはどんな人におすすめ?

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者が自立して生活できる住環境を提案するアドバイザーです。

千差万別なニーズに応えた住環境を提案・実現するためには、さまざまな分野の専門家と調整できるだけのスキルと知識が必要です。

医療・福祉・建築について幅広い知識を身に着けることで適切な住宅改修プランを提示できるようになります。

福祉住環境コーディネーターの資格は、ケアマネジャーや福祉用具専門相談員など介護サービスの現場で活躍する人はもちろん、あらたに自宅を新築・リフォームしたいという顧客の対応を必要とする不動産関係の人にもおすすめでき、これから超高齢化社会へ突入する日本ではこの資格の存在感は年々高まっていく一方です。

福祉住環境コーディネーターの試験について

福祉住環境コーディネーターの試験について

福祉住環境コーディネーターという資格は、高齢者や障がいを持つ人が自立し、安全かつ安心して生活できる住環境を提案するアドバイザーです。

医療・福祉・建築について幅広い知識を身に着け、建築士やケアマネージャー、工務店などの建築の専門職と連携をとりながら、適切な住宅改修プランや福祉用具・介護用品などの提案をクライアントに行います。

東京商工会議所が検定試験を年2回実施しており、1級~3級まで3種類の難易度が設けられています。2級以上を取得すれば、仕事にも役立てることができます。

また、福祉系の資格では珍しく、受験資格を問われず、誰でも受験することが特徴です。超高齢社会に突入している今日、福祉領域でますますニーズが高まっていく資格といえるでしょう。