年配でも取得可能な、調理師という資格とはどんな資格?

調理師とは?

調理師とは?

「調理師」という職業は、主に「料理を作る人(料理人)」を指します。レストランなどで料理を作る人の多くは資格取得済みですが、料理にかかわる仕事に就くために必須というわけではありません。

今後、飲食業などに携わる場合には資格取得が必須となる可能性はありますが、少なくとも現状は無資格でも問題なく就業することが可能です。

調理師資格を取得することによって、「衛生責任者」になることができます。現状、飲食業を開業する際には1名以上の設置が必要となる存在ですが、「数日間の研修」を受講するだけでも同様の資格を取得することが可能です。

ただし、調理師養成施設を卒業した場合など、「専門士」という称号を取得することが可能です。

調理師はどんな人におすすめ?

調理師はどんな人におすすめ?

「調理師に向いている人」としては、いわゆる「職人気質」の人がおすすめです。

仕事柄、黙々と同じ仕事を繰り返していくような環境になってしまうことが少なくないので、日々変化を求めるような性格の人はストレスを感じやすい可能性があります。

とは言え、調理師になるために特殊な才能やスキルが必須ということではないので、「なりたい」と思いさえすれば誰もがなることができます。

人と積極的にコミュニケーションをとりながら働くことが苦手だと感じる人などにとっては、少ないコミュニケーションでも済む環境で働けるというメリットがあります。

しかし、調理師だからコミュニケーションの機会が少ないとは限らないばかりか、「オープンキッチン」などの環境では、むしろ多く可能性もあるので注意しましょう。

調理師の試験について

調理師の試験について

調理師資格を取得する方法は、大きく分けて2つあります。1つは「専門学校(認可養成施設)を卒業する」という方法で、もう1つは「実務経験を経て任意で試験を受験する」という方法です。

いずれも難易度的にはそれほど高いものではありませんが、養成施設を卒業する場合には「ほぼ確実に取得できる」というメリットがあります。

ただし、1年以上は養成施設で学ぶ必要があるため、相応の費用が掛かってしまいます。養成施設にもよりますが、年間100~300万円ほどかかることが多いです。

実務経験を経る場合は、合格の保証はないものの費用面での負担は少なく済みます。また、実務経験が長い方が「即戦力」として評価されやすい点もメリットです。