シニア世代でも取得可能な人気の資格情報一覧をまとめました

福祉住環境コーディネーターという資格

福祉住環境コーディネーターという資格

福祉住環境コーディネーターという資格は、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を整備するためのコーディネートをする民間資格です。建築、医療、介護福祉、行政などの立場を理解し、各専門職の仲立ちをすることで、より利用者やその家族の立場になって住環境整備を整えるための知識を持った人のことです。そのような性質から、シニア世代に人気の資格とも言えます。これまでの経験を活かして、福祉住環境コーディネーターとして第二の人生での活躍が期待できます。

MOSという資格

MOSという資格

シニア世代に人気なのがMOSという資格です。これはマイクロソフトオフィススペシャリストの略で、パソコンで仕事をする上で必要なWORDやEXCELといったソフトを扱うことが出来ることを証明するものとなります。なぜ、シニア世代に人気なのかというと再就職に有利だからです。シニア世代の方だとパソコンをうまく扱えない人が多いです。そのままだと選択できる仕事が少なくなってしまうのでMOSを取得しようとする人たちが増えているわけです。

社会保険労務士という資格

社会保険労務士という資格

社会保険労務士は、シニア世代に人気の資格の一つです。定年後第二の人生を歩む人達が挑戦しています。就労者の権利や安心ある生活を、色々な面から支援しサポートします。つまり社会保険労務士とは、労働や社会保険諸法令に関する法律を専門的に取り扱う国家資格者です。開業して活動している人や企業の総務部門などで活躍しているもたくさんいて、シニア世代に人気の社会保険労務士を目指す人は、これからも増え続けるでしょう。

あん摩マッサージ指圧師という資格

あん摩マッサージ指圧師という資格

あん摩マッサージ指圧師という資格が今シニア世代に人気です。あん摩マッサージ指圧師とはいわゆる手を使ってマッサージを行う職業です。なぜ、この資格が人気なのかというと背景にはシニア世代が昔よりも元気になってきていることにあります。寿命が以前よりも伸びているのでその分を稼がないといけないわけです。あん摩マッサージ指圧師の資格をとると自分でお店を開業することも可能になりますから、将来の選択の幅が広がります。

調理師という資格

調理師という資格

調理師の資格は調理、栄養及び衛生に関して必要な知識及び技能を修得した者に送られます。近年では定年退職した後に飲食店を開こうとするシニア世代に人気の資格となっています。資格取得には. 指定の専門学校をし卒業するか、飲食店などで2年以上の実務経験を積み、調理師試験に合格することが必要です。飲食店で働く際には、調理師免許を取得していることが採用の条件であることが多いため、料理人として生計を立てたい人には必須です。